ブラックのクレジットカードのメリットってナニガあるの

LINEで送る
Pocket

1年毎に必要になる維持費が30万円というのが、アメリカンエキスプレスのブラックカードです。

日本国内で黒のクレジットカードを持っているのは、年間所得の高い一流の実業家屋や、大御所の芸能人などであると言われています。

今現在では、マスターカードやダイナーズカードなどで、黒のクレジットカードが作られ、行き渡っています。

黒のクレジットカードに招待されるには、年間で1千万以上の値段を活用するのが最低前提だそうです。

クレジットカードを黒で持っているだけで、サービスがいろいろあります。

日本で取り入れられたのは2002年になります。ブラックのカードとはごく一部の優良の方しか持つことができないカードでクレジットカードの中でもトップに位置するカードなのです。

黒とはいえクレジットカードの年会費もいろいろな値段がありますが30万円も支払って、何か客の益になるのでしょうか。

高価の年会費が世間に注目されたこともありました。

クレジットカード大国であるアメリカ合衆国では、クレジットカードの年会費は日本円で30万円ぐらいは決して高いわけではなく相場程度の金額なんだそうです。

不動産や車両の調達にも、黒のクレジットカードを使用すると要求が通しやすくなるとされています。

黒のクレジットカードを使用するとコンサートなどのチケットが取得しやすく、飛行機や小型ジェットも良い物が回されてきます。

米国で、センチュリオンカードという黒のカードができたのが1999年ですね。